投資信託を購入してみたいと思うのだが - 2012/01

将来に向けてのの資産形成の一部を投資信託で築きたいと思い、投資信託について勉強中です。




[PR]



2012年01月25日(Wed)▲ページの先頭へ
分配金の減った投信、どうする?
分配型投資信託を保有している方は、
昨年夏以降、欧州の債務危機などの影響により
運用悪化ということで分配金が減っていると思います。

それで、分配金が減った投資信託を今後持ち続けるべきなのか、
それとも解約をした方がいいのか、
迷いつつ持ち続けている方も多いのではないでしょうか。

中には、さっさと解約して、
分配金を多く出している投信へ乗り換えるか人もいるようです。

専門家の方の意見ですと、
分配金が減ったからと言って解約するのではなく、
基準価額がどうなっているのかで判断しましょうということです。

しかし、分配型投資信託を保有している方の多くは
年金世代の方で、分配金を年金の補完的収入としている方も多いそうですので、
分配金が減った投信を持ち続けることに躊躇感を持つのも理解できますよね。

------------------------------------------

毎月分配型投資信託の分配金が減ってきましたが、このまま持ち続けても大丈夫でしょうか?

分配金が減ったのは運用成績が芳しくないというサインの一つかもしれません。ただ、投資を続けるか、否かは、分配金の増減だけでなく、株式の株価に当たる基準価額の動きも見て判断しましょう。

 分配型のファンドは利益が出ていない場合、元本に相当する部分を取り崩して分配金を出すなど、本当の成績が見えにくいのが特徴です。

 毎月分配型も他のタイプの投資信託と同じく、投資元本より増えたのか、減ったのかが重要です。分配金の累計額と現在の資産総額を合わせ、トータルの運用成績を調べ、ファンドの真の実力を確認してから判断して下さい。

(読売新聞 - 2012年1月16日)
------------------------------------------

ところで、4月から新社会人になる人は社会人と言うことでクレジットカードを持とうと思っている方も多いと思いますが、クレジットカードはポイントを比較して選ぶといいです。ポイント還元が高いカードはそれだけお得だということになるからです。目安としてはポイント還元1%以上のものを選ぶといいです。

新社会人となり東京方面へ上京し、新しい土地での暮らしが始まる人もいると思いますが、通勤に電車を利用するのでしたらSuicaを持つとやはり便利です。Suicaを利用するなら、Suicaチャージが出来るクレジットカードで尚且つポイント還元が高いものを選択するのも一つの考え方です。Suica(スイカ)オートチャージのクレジットカードは貯まったポイントをSuicaへチャージして使えるとう点もお薦めの理由です。


2012年01月12日(Thu)▲ページの先頭へ
株式投信の運用が97年以来最低に
昨年の株式投信の運用成績が97年以来最低となったようです。

欧州の信用不安が世界経済に影響し、
世界の株式相場が不調になっていましたからね。

中国の成長も減速しつつありますし、
他のBRICs諸国、新興国も欧州の信用不安のあおりを受け
それほど順調に成長できませんでしたからね。

欧州の信用不安は3月くらいまでが山だという見方もありますし、
その山を越えることが出来れば世界の株式市場も回復に向かい、
再び投資に向く経済状況になるかもですよね。

しかし、欧州の次は中国がターゲットとなるとか、
日本の国債がターゲットになるとかという記事も目にしますし、
しばらくは株式投信への投資環境は整わないかもですね。

---------------------------------------

株式投資信託の昨年の運用成績は米国株の指標のS&P500種株価指数と比較した場合、1997年以来最低となった。指数構成銘柄間の相関係数が過去最高に達した上に、大幅な相場変動で運用担当者の銘柄選びが一段と難しくなったことが背景。

 米調査会社モーニングスターのデータを基にすると、大型株で運用する約4100本の投信の中でS&P500種を上回る運用成績だったのは17%にとどまり、97年の12%以来最低となった。

(SankeiBiz - 2012年1月12日)
---------------------------------------

ところで、通販型の自動車保険がCMや新聞広告などの告知が広がり、保険料が割安だということで代理店型から乗り換える人が増えているようです。中でも人気を集めているのが、東京海上のイーデザイン損保自動車保険で、イーデザイン自動車保険は顧客満足度ランキング1位を獲得しそのことによってさらに人気となっているそうです。

話は変わりますが、日本のネットショップで海外向け販売をして売り上げを伸ばしている事例が増えているそうです。楽天市場やヤフーショッピングへ出店すると海外販売のシステムが利用でき、決済や配送などの環境も整えられていて、案外容易に海外販売をはじめられる環境なのだそうです。


   


toishin9100の自由文言1


新着トラックバック/コメント

toishin9100の自由文言2

カレンダ
2012年1月
       

アーカイブ
2008年 (1)
6月 (1)
2009年 (21)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (3)
8月 (4)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (1)
2010年 (27)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (3)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (3)
2011年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (3)
12月 (2)
2012年 (18)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (1)
4月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (1)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (1)
12月 (1)
2013年 (14)
1月 (1)
2月 (1)
3月 (1)
4月 (1)
5月 (1)
6月 (1)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (1)
10月 (1)
11月 (1)
12月 (1)
2014年 (12)
1月 (1)
2月 (1)
3月 (1)
4月 (1)
5月 (2)
6月 (1)
8月 (2)
9月 (1)
11月 (1)
12月 (1)
2015年 (12)
1月 (1)
2月 (1)
3月 (1)
4月 (1)
5月 (1)
6月 (1)
7月 (1)
8月 (1)
9月 (1)
10月 (1)
11月 (1)
12月 (1)
2016年 (11)
1月 (1)
2月 (1)
3月 (1)
4月 (1)
5月 (1)
6月 (1)
7月 (1)
8月 (1)
9月 (1)
10月 (1)
11月 (1)
2017年 (4)
1月 (1)
3月 (1)
5月 (1)
7月 (1)

アクセスカウンタ
今日:42
昨日:51
累計:224,627