投資信託を購入してみたいと思うのだが - 2011/11

将来に向けてのの資産形成の一部を投資信託で築きたいと思い、投資信託について勉強中です。




[PR]



2011年11月30日(Wed)▲ページの先頭へ
マネックス証券の投信積立1000円から
若い世代の方々の長期資産形成として認知し始めている投資信託を積立購入する「投信積立」ですが、マネックス証券は月々1000円からで積立ができる商品の提供をはじめたようです。

ネット証券など、積立投信を提供している会社は、積立投信の投資額として月々1万円〜か5千円〜という場合が多いですが、楽天証券は以前から1000円〜の積立が可能でした。
その楽天証券に加えてマネックス証券でも1000円〜の積立ができるようになったということです。

月々1000円〜の積立購入ができるということは、例えば、月1万円を投信で積立てたいと考える場合、1万円以内で自分で自由に分散投資してリスク分散できることになります。

例えば、2千円を日本株投信、2千円を新興国株投信、1千円を海外株投信、3千円を日本債券投信、2千円を海外債券投信、という風に分散投資できます。

中には、セゾン投信のように日本株・海外株・日本債券・海外債券など1本で分散投資している投信もありますので、1万円をセゾン投信で積立てるという考え方でも分散投資できます。

しかし、セゾン投信は全て投資先や投資分配比率をまかせるということになりますので、自分で投資先をある程度選びたいという方はマネックス証券の1000円〜の積立投信で投資したい投信を選ぶと良いです。

---------------------------------------------------

「投信積立プログラム」における1,000円から申込可能なファンドの追加について
 マネックス証券における投資信託の取扱い銘柄約330銘柄のうち、積立て可能な銘柄は234銘柄(2011年11月25日現在)、1,000円以上1円単位で積立て可能な銘柄は2011年9月末時点で35銘柄でしたが、2011年10月末より順次追加し、今般、約200銘柄超に拡大いたしました。
 これにより「投信積立プログラム」をさらに手軽に、少ない資金でご利用いただくことが可能になります。また、銘柄選択の幅が広がることで、少ない資金でより細やかな分散投資も可能となります。

(日本経済新聞 (プレスリリース) - 2011年11月25日)
---------------------------------------------------

ところで、首都圏の方は通勤などでPASMOを利用する人は増えていますし、PASMOで電子マネー利用をしている人も増えています。PASMOを利用する場合、チャージは現金ではなく、PASMO(パスモ)クレジットカードを使うとポイントが貯まってお得ですのでお薦めです。

マネックス証券ですが、取扱する投資信託の本数は400本以上となっており、楽天証券に次ぐ本数となっています。手数料無料のノーロード投信の本数も充実してます。マネックス証券の千円からの積立投信も対象となる商品が多数あるのでお薦めの証券会社です。



2011年11月16日(Wed)▲ページの先頭へ
投信残高が増加?
10月末時点での投信残高が前月末比で6ヶ月振りに増加したそうです。

海外投信からの資金流出が続いていると聞いていましたので、残高増加には目を疑ったわけですが、要は、ヨーロッパの財政不安が一時的にやわらいだこと、日本政府の介入で為替相場が円安となり残高が一時的に増えたこと、とこの2点において一時的に増えたに過ぎなかったようです。

いずれにしろ、今は、投資環境は良くないと言う状況には変わりがないように感じます。

まずは、ヨーロッパの財政不安が解消するまでは、
世界の株式市場をはじめ投資にはなかなか心理的には向かわないですよね。

----------------------------------------

投資信託協会が14日発表した10月の投信概況によると、同月末の公募投信の残高は前月末比4.9%増の60兆7169億円と、6カ月ぶりに増加した。下旬になって欧州信用不安が和らぐなど運用環境が一時的に改善、9月末に割り込んだ60兆円台を回復した。ただ、11月に入り再び欧州情勢の先行き懸念が強まっており、同協会は「つかの間のプラスを喜べる状況ではない」(乾文男副会長)と、警戒している。 

公募投信残高の8割を占める株式投信は5.6%増の49兆9852億円。欧州債務危機対策の包括戦略合意で株安傾向に歯止めが掛かった上、月末に政府・日銀が大規模円売り介入を実施。投信の運用環境が「瞬間的に良い環境」(同)にあったため、6カ月連続の運用減を免れた。

(時事通信 - 2011年11月15日)
-----------------------------------------

ところで、首都高速道路の料金改正が来年早々実施されますが、その実施に備えて首都高はETC車載器キャンペーンを行っているそうです。ETC車載器取り付けにはETCカードが必要なのですが、高速道路会社のネクスコ中日本ETCカード(プレミアムドライバーズカード)がお薦めです。首都高はETCてせないと割高になる部分もあるそうですので、お早めに。

ETCカード選びにおいては、高速道路会社のカードもいいのですが、ガソリン割引になるガソリンカードでETCカードを作るのもいいです。出光カードやエネオスカード、シナジーカードなどがガソリンカードと呼ばれるカードです。ガソリン給油が多い方には是非お薦めです。



2011年11月03日(Thu)▲ページの先頭へ
リートが比較的人気に
世界的な株安やギリシャの財政不安が収まらないことから、株式投信も債券投信も人気が今ひとつという中で、不動産へ投資するリートが比較的人気となっているようですね。

株式や債券から逃げた資金が不動産へ向かうという読みがあって、リートへ資金が流れると考えてリートの人気が高まっているということなのでしょうか。

私は不動産に関してはほとんど無知なのでリートの購入をしていませんが、リスク分散ということを考えれば、不動産の事を少しは勉強してリートへの投資も考えてみる必要があるのかも知れないです。

とは言いつつ、私が投資できる資金そのものがそれほど多いと言うわけではないですが。

今、人気となっているリートは分配型投信ですから、債券や株へ投資する分配型投信からリートへ資金が移動しているということだけなのかも知れません。

私は、分配型投信は購入するつもりが無く、長期的な資産形成のために投信購入をしていますので、この動きは横目でチェックするに留めておくことになりそうです。

--------------------------------------------------

ネット証券4社の投信販売額の合計は、2011年4月以降、若干低下気味である。各社の売れ筋を見ると、依然として各種REIT投信が上位に顔を出す状況が続いている。


 特に人気の高い「ワールド・リート・オープン」(国際投信)は、8月の第3週で見ると4社中3社でトップ。その他、「楽天USリート・トリプルエンジン」(楽天投信)も販売額が伸びている。これらのファンドは、いずれも「直近の分配金÷基準価額」で計算すると、20〜30%の高い利回を確保できることが人気の原因となっている。

(日本経済新聞 - 2011年10月31日)
---------------------------------------------------

今は行楽の秋、紅葉見物に自動車でお出掛けする人も多いと思います。もし、高速道路でお出掛けならばETC割引は是非使いたいです。ETC利用にはETCカードが必要となりますが、お持ちでない方は、お得で人気のETCカードの比較を参考にして選ぶといいです。

お薦めのETCカードの一枚にNTTグループカードがあるのですが、このカードは出光石油スタンドで給油割引があったりします。また、NTTグループカードはSuicaへチャージできたり、EdyやICOCAへもチャージでき、チャージ分にもポイントが付くのでとてもお得なカードなんです。


   


toishin9100の自由文言1


新着トラックバック/コメント

toishin9100の自由文言2

カレンダ
2011年11月
   
     

アーカイブ
2008年 (1)
6月 (1)
2009年 (21)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (3)
8月 (4)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (1)
2010年 (27)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (3)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (3)
2011年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (3)
12月 (2)
2012年 (18)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (1)
4月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (1)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (1)
12月 (1)
2013年 (14)
1月 (1)
2月 (1)
3月 (1)
4月 (1)
5月 (1)
6月 (1)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (1)
10月 (1)
11月 (1)
12月 (1)
2014年 (12)
1月 (1)
2月 (1)
3月 (1)
4月 (1)
5月 (2)
6月 (1)
8月 (2)
9月 (1)
11月 (1)
12月 (1)
2015年 (12)
1月 (1)
2月 (1)
3月 (1)
4月 (1)
5月 (1)
6月 (1)
7月 (1)
8月 (1)
9月 (1)
10月 (1)
11月 (1)
12月 (1)
2016年 (11)
1月 (1)
2月 (1)
3月 (1)
4月 (1)
5月 (1)
6月 (1)
7月 (1)
8月 (1)
9月 (1)
10月 (1)
11月 (1)
2017年 (4)
1月 (1)
3月 (1)
5月 (1)
7月 (1)

アクセスカウンタ
今日:42
昨日:51
累計:224,627