投資信託を購入してみたいと思うのだが - 2011/01

将来に向けてのの資産形成の一部を投資信託で築きたいと思い、投資信託について勉強中です。




[PR]



2011年01月28日(Fri)▲ページの先頭へ
上昇する投資信託手数料
モーニングスターの調査によると、
日本で販売されている投資信託の手数料の上昇が続いているそうなのである。

投資信託の手数料といえば、
購入するときの手数料と、保有期間中発生する信託報酬があります。

購入するときの手数料が無料のノーロード投資信託の数も多くなっていますが、
ノーロードでも信託報酬が高いものもありますので、
ノーロードということだけで手数料が安いと判断するのは禁物です。

いわゆるインデックス型投資信託と言われる指数に連動する運用する投資信託は信託報酬も低めに設定されています。

いっぽう、アクティブ型投資信託と言われているものは、信託報酬が高く設定されているものが多いです。

------------------------------------------

 投資信託で個人の手数料が重くなっている。2010年末は購入手数料が8年連続、保有中の信託報酬(管理手数料)が7年連続で上昇した。高収益を狙って海外資産を組み合わせた複雑な仕組みの投信が増え、運用の外部委託や販売時の説明の費用がかさみ、コストを投資家に転嫁する動きが広がっている。手数料の高さは運用成果に影響するため、商品選びで注意が必要との指摘が多い。

(日本経済新聞 - ‎2011年1月27日)
------------------------------------------

消費者金融などカードローンやクレジットカードのキャッシングに借入総額の規制がかかってからいろいろと問題が発生しているようですね。在日の外国人にもその影響が出ているのだとか。外国人でも借入可能なカードローンとしてはプロミスのキャッシングがあります。現在。30日間無利息のキャンペーン中です。

クレジットカードを選ぶ上で重視されるのがポイントの還元率ではないでしょうか。それとカードブランドもこだわりがある人も多いです。人気のカードブランドであるJCBから年会費無料でポイント還元率が高いEIT(エイト)カードが新規発行され、人気のカードとなっています。


2011年01月13日(Thu)▲ページの先頭へ
新興国株投信、騰落率上位は中国株
新興国株で運用する投資信託の
過去5年間の騰落率ランキングで
ベスト10のうち9個までが中国株で運用する
投資信託という結果になったようです。

過去1年、あるいは2年というスパンで見ると
また違う結果になるのかも知れませんが、
過去5年で見るとなんと9本も中国株関連ということになったようです。

中国経済はまだまだ発展するでしょうから
今から中国株投信へ投資してもリターンを得られるでしょうが、
一方では不動産バブルがかなり膨らんでおり
いつバブルがはじけてもおかしくない状態といわれています。

しかし、不動産バブルがはじけたとしても
一時的な落ち込みや停滞があるにしても
中国経済の発展は継続していくのではないでしょうか。

-----------------------------------------

主に新興国株式で運用する投資信託の過去5年の運用成績(2010年12月末時点)を調べたところ、中国関連のファンドが上位をほぼ独占した。この5年間でオリンピックや万博など投資拡大につながったイベントも多く、中国経済は高い成長力を維持した。

首位は野村アセットマネジメントの「チャイナ オープン」。

JPモルガン・アセット・マネジメントが運用するファンドが2位、フィデリティ投信が3位になるなど上位10本中、9本が中国関連となった。中国以外で唯一ランキング入りしたのが、タイ株に投資する野村アセットの「オーロラファンド(タイ投資ファンド)」。タイは反政府デモによる政情混乱の影響は一部で残るが、中国や東南アジア諸国連合(ASEAN)向けの自動車や電機など輸出産業が好調を維持。直近の株価指数も高値圏にある。

(日本経済新聞 - ‎2011年1月11日‎)
------------------------------------------

保険料が安いことで契約者を伸ばしているSBI損保ですが、走行距離が長くても保険料が安い自動車保険であることが他の通販型自動車保険と違うところです。保険料以外の点でもユーザーからの評価が高いです。

昨年、FX取引高で米ドルを抜いてトップになった豪ドル。豪ドルFXのスプレッド比較をしてスプレッドによるコストを抑えるのが上手な取引方法の一つです。例えばDMM FXが豪ドル円のスプレッドが低いです。



   


toishin9100の自由文言1


新着トラックバック/コメント

toishin9100の自由文言2

カレンダ
2011年1月
           
         

アーカイブ
2008年 (1)
6月 (1)
2009年 (21)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (3)
8月 (4)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (1)
2010年 (27)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (3)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (3)
2011年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (3)
12月 (2)
2012年 (18)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (1)
4月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (1)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (1)
12月 (1)
2013年 (14)
1月 (1)
2月 (1)
3月 (1)
4月 (1)
5月 (1)
6月 (1)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (1)
10月 (1)
11月 (1)
12月 (1)
2014年 (12)
1月 (1)
2月 (1)
3月 (1)
4月 (1)
5月 (2)
6月 (1)
8月 (2)
9月 (1)
11月 (1)
12月 (1)
2015年 (12)
1月 (1)
2月 (1)
3月 (1)
4月 (1)
5月 (1)
6月 (1)
7月 (1)
8月 (1)
9月 (1)
10月 (1)
11月 (1)
12月 (1)
2016年 (11)
1月 (1)
2月 (1)
3月 (1)
4月 (1)
5月 (1)
6月 (1)
7月 (1)
8月 (1)
9月 (1)
10月 (1)
11月 (1)
2017年 (4)
1月 (1)
3月 (1)
5月 (1)
7月 (1)

アクセスカウンタ
今日:3
昨日:25
累計:228,143