投資信託を購入してみたいと思うのだが - 2009/07

将来に向けてのの資産形成の一部を投資信託で築きたいと思い、投資信託について勉強中です。




[PR]



2009年07月28日(Tue)▲ページの先頭へ
エイチ・エス証券もCFD取引提供へ
FXに続いて個人投資家向け金融サービスとして
以前から注目をされているCFDですが
なかなかブームというほどにはならないようですね。

しかしながら、今年に入ってから個人向けにCFD取引の
口座開設サービスを提供する業者が増えてきています。

エイチ・エス証券もエフエックス・オンライン・ジャパンの
取引媒介業者としてCFD取引のための口座開設サービスの提供を開始するようです。

原油や貴金属などの取引をCFDで行いたいと思っている方は
CFDをやってみるのも良いかもしれませんね。

私はFXをやってみたのですが、どうも私の性格とは合わないみたいです(^^;

------------------------------------------

エイチ・エス証券は27日、新金融商品CFD取引として「海外投資オンライン」のサービスを開始した。同サービスは、CFD取引に関するブラウザベースのオンライントレードサービスで、同社がエフエックス・オンライン・ジャパンの取引媒介業者として提供する。同サービスの利用により、海外の株価指数や金・原油などへの投資が、日本語の取引画面を用いて、24時間行える。

取扱銘柄(予定)は表の通り。また、レバレッジ等詳細についてはこちらで確認できる。なお、取引にはエフエックス・オンライン・ジャパンのCFD取引口座を開設する必要があるとのこと。口座開設の申し込みはこちらから行える。

(マイコミジャーナル - ‎2009年7月27日)
------------------------------------------

ANAマイラーは東京メトロToMeカードでPASMO(パスモ)オートチャージするとマイルがたまりやすいです
節約指向の人は年会費無料ETCカードを選びましょう


2009年07月17日(Fri)▲ページの先頭へ
韓国でもFXのレバレッジ規制に
韓国でも日本と同様に、
FX取引においてのレバレッジ上限規制を
今後取り入れていくようです。

韓国でのFX取引のレバレッジは
現在最大50倍までとなっているのが、
今後は20倍に引き下げられるようです。

韓国では今年の1月から5月に
FX取引を行う個人投資家が455億ウォンの損失をしたらしく、
個人投資家の投機的取引の抑制が目的とのことですが、
日本がレバレッジ規制を行うのとほとんど同じ理由となっています。

日本がレバレッジ規制に動いたのを見て
韓国も規制に動き出したのかもしれませんね。

--------------------------------------------

 韓国金融監督委員会(FSC)は16日、外国為替証拠金(FX)取引において、投資家が預けた資金の何倍で売買が可能かを示す証拠金倍率を大幅に引き下げる方針を明らかにした。投機的な取引を抑制するための措置という。

 FSCは、投資家が業者に預託する証拠金を9月以降、取引総額の5%とし、現行の2%から引き上げる。これにより、証拠金倍率は最大50倍から20倍に低下する。

 1─5月の韓国のFX取引金額は357兆7000億ウォン(2815億ドル)。2008年通年は418兆8000億ウォン、07年は55兆9000億ウォンだった。

 99%を個人投資家が占めるFX取引の参加者は、1─5月に455億ウォンの損失を被った。

(ロイター - ‎2009年7月15日‎)
---------------------------------------------

イオンのコスモ石油カードは年会費無料 ETCカードも無料です
ネクスコ(NEXCO)中日本ETCカードはポイントを高速料金として使えます


2009年07月07日(Tue)▲ページの先頭へ
三菱グループに投資するETFが上場予定
三菱UFJ投信が三菱グループの株式に投資する
ETFを東証へ上場する予定だそうです。

上場は7月中旬になるとのこと。

三菱グループの業務成績が今後上昇すると予想される方は
このETFを購入してみるのも良いかもしれないですね。

最低売買金額は1万円ということですから
多くの資金を用意しなくても購入できそうです。

--------------------------------------

三菱UFJ投信は7月中旬に、三菱グループ企業の株式で運用する上場投資信託(ETF)を東京証券取引所に上場する。投資対象は東京海上ホールディングスや三菱重工業など、三菱グループの企業26社。特定の企業群に投資するETFは世界でも珍しい。

 「S&P三菱系企業群上場投信」の信託報酬は、0.5%程度と一般の投資信託よりも低く設定。最低売買金額は1万円程度で、個人投資家が買いやすいように小口化した。このETFが連動する指数は、米スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が提供する。

(日本経済新聞 - ‎2009年6月28日‎)
--------------------------------------

業界最小スプレッド0銭の7FXでFX取引を
フリーターとクレジットカード発行について


   


toishin9100の自由文言1


新着トラックバック/コメント

toishin9100の自由文言2

カレンダ
2009年7月
     
 

アーカイブ
2008年 (1)
6月 (1)
2009年 (21)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (3)
8月 (4)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (1)
2010年 (27)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (3)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (3)
2011年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (3)
12月 (2)
2012年 (18)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (1)
4月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (1)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (1)
12月 (1)
2013年 (14)
1月 (1)
2月 (1)
3月 (1)
4月 (1)
5月 (1)
6月 (1)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (1)
10月 (1)
11月 (1)
12月 (1)
2014年 (12)
1月 (1)
2月 (1)
3月 (1)
4月 (1)
5月 (2)
6月 (1)
8月 (2)
9月 (1)
11月 (1)
12月 (1)
2015年 (12)
1月 (1)
2月 (1)
3月 (1)
4月 (1)
5月 (1)
6月 (1)
7月 (1)
8月 (1)
9月 (1)
10月 (1)
11月 (1)
12月 (1)
2016年 (11)
1月 (1)
2月 (1)
3月 (1)
4月 (1)
5月 (1)
6月 (1)
7月 (1)
8月 (1)
9月 (1)
10月 (1)
11月 (1)
2017年 (4)
1月 (1)
3月 (1)
5月 (1)
7月 (1)

アクセスカウンタ
今日:3
昨日:25
累計:228,143