投資信託を購入してみたいと思うのだが - 2009

将来に向けてのの資産形成の一部を投資信託で築きたいと思い、投資信託について勉強中です。




[PR]



2009年12月15日(Tue)▲ページの先頭へ
株式投資信託、円高で純資産総額が減少へ
投資信託協会の発表によると、
11月末時点での株式投信の純資産総額が、
9ヶ月振りに減少へ転じたようです。

この減少は円高が要因となっているようです。

最近はブラジル株投資信託が人気で、
かなり資産を増やしているようですし、
ブラジル株投信は6ヶ月のトータルリターンランキングで
8本もベスト20へ入っていたようですので、
ブラジルをはじめ新興国の株式投信への資金流入は
順調に続いているのではないでしょうか。

また、今月はボーナス支給月でもありますので、
ボーナスの一部を投資信託へ投資する人も増えると思いますし、
ドル円為替相場も1ドル89円前後で安定していますから、
純資産総額も再び増加へと転じるのでは。

------------------------------------------------

投資信託協会が2009年12月11日に発表した11月の投資信託概況によると、株式投信の純資産総額は、前月末に比べて1兆6802億円減少して47兆1796億円となった。前月を下回ったのは09年1月以来9か月ぶり。

11月の株式投信は、設定額が1兆8088億円(前月比3721億円減)で、これに対して解約額が1兆3767億円(同3964億円減)、償還額が171億円で、差し引き4150億円の資金純増となった。

しかし、急激な円高とそれに伴う株価の下落を原因に、運用資産が2兆952億円減った。なかでも、最近は外国株式の取り扱いが増えていて、「為替の影響が大きかった」(投信協会)とみている。

なお、投信全体の純資産総額は前月末に比べて2兆27億円減って、11月末には58兆1194億円になった。

(J-CASTニュース - ‎2009年12月11日‎)
-------------------------------------------------

セゾン投信のバンガード・グローバルバランスファンドは5000円から毎月の積立で投資することが出来ます。
デジタルカメラのデータ復元・復活料金は無料診断してもらって見積をもらいましょう。



2009年11月17日(Tue)▲ページの先頭へ
BRICs株投信、純資産は前月比プラス1.3%に
リッパーの発表によると、
BRICs諸国の株へ投資する投資信託の
純資産残高が10月は前月比で+1.3%となったようです。

中国株やブラジル株が順調なようですので、
このように純資産残高がプラスなのは頷きます。

が、しかし、資金の入出額を見ると
実は流出超となっているのだそうです。

流出超は2ヶ月連続だということで、
その理由としては分配型を好んで購入する投資家の人たちが
保有していたBRICs株ファンドを整理し
より分配額が高い投資信託や別の投資信託へ資金を移しているのでは
ということらしいです。

分配型では通貨選択型が人気で、
特に金利の高いブラジルレアルや南アフリカランドを
選択しての投資が増えているようですからね。

----------------------------------

トムソン・ロイター傘下の投信情報サービス会社リッパーによると、BRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)の複数国株式に投資するファンド(国内籍)の10月末純資産残高は前月比1.3%増の4271億9900万円となり、2カ月連続で増加した。ただ同社推計の資金フローは、2カ月連続の流出超となった。

 外国籍のBRICs株式ファンドの残高は9月末時点で248億4000万円だった。

 11月発行のリッパー・データ・リポートによると、BRICsの2カ国以上の株式に投資するファンドは、国内籍が18本、外国籍が7本となっている。10月は為替面で若干円安という基準価額にはプラス要因に加え、株価はBRICs4カ国のうち、インドを除く3カ国で上昇した。

 リッパーの推計によると、資金フローは約127億円の流出超(9月は約37億円の流出超)。純流入額は8月まで4カ月連続で先細りしていたが、9月に流出超に転じ10月は流出額が拡大した。「分配型を好む投資家は、物珍しく購入したかつてのBRICsファンドを整理し、分配型や別のファンドへの投資を考えているケースなどあるようだ。分配型でないファンドに3年も投資していると、これはそのままでいいのか、という相談も受ける」(大手証券)との声も聞かれた。

(ロイター - ‎2009年11月8日‎)
-------------------------------------

三井住友銀行系カードローンキャッシングのアットローンは最短30分審査です。
ユニオン・バンク・オブ・カリフォルニア口座を三菱東京UFJ銀行で開設することができます。


2009年11月04日(Wed)▲ページの先頭へ
大和投信がブラジル・インフラ関連株ファンドを新規設定だそうです
大和証券投資信託が「ブラジル・インフラ関連株ファンド」を
11月27日に新規設定するようですね。

ブラジルは今後かつての中国のような経済発展するのでは、
と期待する投資家は多いのではないでしょうか。

中国が北京オリンピックと上海万博というビツグイベントへ向けて
経済発展をさせたように、
ブラジルもサッカーワールドカップとリオでのオリンピックという
2大イベントへ向けて経済発展していくように思えます。

その経済発展の礎となるのがインフラ整備ですので
この大和証券投資信託「ブラジル・インフラ関連株ファンド」は
注目できる投資信託なのではと感じるのは私だけでしょうか。

私はどちらかというとインデックス型投資信託を購入する
堅実型の投資をするのですが、
この「ブラジル・インフラ関連株ファンド」は購入してみたいと思っています。

----------------------------------------

大和証券投資信託委託は「ブラジル・インフラ関連株ファンド」を11月27日に設定する。

 主にブラジルの株式(預託証券含む)の中から同国の国内インフラ投資拡大の恩恵を受けると考えられる銘柄に投資し、信託財産の成長を目指すもの。外貨建資産の運用については、ダイワアセットマネージメント(アメリカ)に運用の指図にかかる権限を委託し、同社はサンダンデールアセットマネジメント(ブラジル)の助言を受ける。年4回決算。

 ファンドの詳細は以下のとおり。


    設定上限額:300億円

    分類   :追加型/海外/株式

    手数料  :上限3.15%(税込み)

    信託報酬 :純資産総額に対して年率1.764%(税込み)

    販売会社 :岡三証券、丸福証券

(ロイター - ‎2009年11月4日)
---------------------------------------

昭和シェル・スターレックスETCカードはガソリン割引もありお得なカードとなっています。
ANAマイラーのPASMOとSuicaオートチャージはANA VISA Suicaカード (View スイカ)がお薦めのクレジットカードとなります。


2009年10月27日(Tue)▲ページの先頭へ
ブラジルの金融取引税は影響ないのかな
先日、ブラジル政府が海外からの投資に対して
金融取引税を課税すると発表したことから
ブラジルレアルが急落したり反発したりと
為替相場で動きが激しかったようですが
今後ブラジルレアルの為替相場は安定するのでしょうかね。

昨今、新規に設定される投資信託で
通貨選択型の投資信託が目に付くようになってきましたが、
通貨選択型の投資信託でブラジル・レアルを選択する人も多いようですし、
その場合レアルの為替相場の変動によっては
損益を大きくするということもありえないとは言えないのではないでしょうか。

ブラジルはサッカーのワールドカップ開催、
リオデジャネイロのオリンピック開催と
2つの国家的イベントが続きますし、
ブラジル経済はひとまずこの2つのイベントへ向けて
発展していくのでしょう。
その過程でレアルも強くなっていくのも間違いないことだとは思うのですが。

-------------------------------------------------

個人投資家の毎月分配型、高金利通貨志向が強まっている。通貨選択型ファンドは設定が大型化する傾向が強く、投資家が選好する通貨にはブラジルレアルや豪ドル、南アフリカランドなどが顔を連ねる。

 一方、個人投資家に投資先として圧倒的人気を誇るブラジルは、20日からの金融取引税の実施を発表。ブラジルの株式や債券などに投資するファンドを抱える運用各社や販売会社には問い合わせが相次いだが、投資家人気の観点からも、市場への影響も軽微との見方で一致している。

(ロイター - ‎2009年10月21日‎)
---------------------------------------------------

7FX(セブンエフエックス)はドルのスプレッド0銭からとなっていますがユーロ・スプレッドも狭い業者です。

JCBの年会費無料ETCカードはタイプセレクトカードがあり、ETC利用はポイント2倍です。


2009年10月14日(Wed)▲ページの先頭へ
株主優待があるREIT
不動産投資信託(REIT)のジャパン・ホテル・アンド・リゾートが
投資信託保有者に対して投資先のホテル割引券を優待として配布するようです。

このように株主優待券にあたるサービスを提供する
REITははじめてのようですね。

最低の投資額はいくら必要なのかは分かりませんが、
優待券や優待割引があることで購入する株券を選択する人もいるらしいですので、
ジャパン・ホテル・アンド・リゾートがホテル割引券を配布することで
投資者を呼び込もうという戦略はありなのかもしれないですよね。

私は不動産の動向に関してまったくの素人なので
REITを購入する予定はありませんが、
ジャパン・ホテル・アンド・リゾートの試みは面白いかもですよね。

-----------------------------------------

 不動産投資信託(REIT)のジャパン・ホテル・アンド・リゾートは13日、投資主(株主に相当)に投資先ホテルの割引券を配る優待を始めると発表した。REITが優待制度を導入するのは初めて。2010年5月に、中間期末である2月末時点の投資主を対象に、神戸や沖縄など全国5カ所の投資先ホテルに50%割引で宿泊できる優待券などを配布する。

(日本経済新聞 - ‎2009年10月14日)
----------------------------------------

PASMO(パスモ)は乗車ポイントの小田急OPクレジットカードがポイント面でもお得です。
NTTグループカードのETCカードはポイントをANAマイルへ交換できます。


2009年09月22日(Tue)▲ページの先頭へ
金価格が上昇していますね
金価格が再び上昇しているようですね。
米国ドルへの不安が今回の金価格の上昇の要因のようです。

ドル円の為替相場も1次は1ドル=90円くらいまで、
円高へと進んでいましたよね。
他の通貨でもドル安が進行していたのでしょうか。

いずれにしろ、ドルへの不安、
米国経済への不安が背景にあるのは確かのようです。

米国金融機関も中小の銀行で危ない銀行がまだかなりあるとのことらしいてせすし、
米国株価の二番底もありえるのではないかとも言われていますよね。

それに、米国政府の財政事情が悪い中、
国民皆保険の導入が検討されているのも
米国経済や米国財政への不安をもたれているのではないでしょうか。

いずれにしろ、通貨が信用を失うときに上がるのが金ですよね。

金へ手軽に投資できる手段として
金ETFの購入がありますよね。

市場が開いているときならいつでも買えるはずですので、
金購入に興味がある方は金ETFも選択肢の一つでは。

-----------------------------------------

ETFセキュリティーズの調査投資戦略部長、ニコラス・ブルック氏は、金価額が史上最高値をつけたことについて、投資家の米ドルに対する構造的不安などが背景にある、との見方をしている。

 同社は、世界最大手の商品上場投信(ETF)の提供者で、かつ欧州市場最大手の現物地金に裏付けられた貴金属ETFの提供者。

 ブルック氏によると、同社の金保有量は827万2000オンス(84億ドル)に達し、過去1カ月間で保有量は14%(10億ドル)増加した。同氏は「投資家の米ドルに対する構造的不安や米国短期金利の大幅な低下に加え、国家負債の拡大に対するリスクヘッジ手段として金を利用する動きが出ている」と指摘。それに伴い、金上場投信、特にETFS金上場投信や「ゴールド・ブリオン・セキュリティーズ(Gold Bullion Securities)」への資金流入が加速している、としている。

(ロイター - ‎2009年9月18日)
-----------------------------------------

毎月1万円からの積立できるトヨタ・ハイブリッドカー・ファンドはクリーンエネルギーにも投資。
ネットショップ出店、ヤフーと楽天市場の比較をしてより有利な方へ。


2009年09月16日(Wed)▲ページの先頭へ
株式投信残高が7カ月連続で増加へ
投資信託協会によると8月の株式投資信託の
純資産残高が前月比で増加し、
これで7ヶ月連続で前月比増加となったとのこと。

今月で、あのリーマンショックからちょうど1年になります。
あの当時は、現在の状況と比較すると
もっと酷い状態になるのではないかと想像した人が多かったのではないでしょうか。

今現在、本当のところ世界の経済状況はどうなっているのか
私のような素人には表面上のことしか分かりませんが
世界的な経済崩壊がおきるのではないかと言われたことを思えば、
それほどキズを大きくすることなくすんでいる感じがします。

中国などの新興国経済が好調でどうにかなっているのだとしたら
既に株も不動産もバブルではないかとの見方もある中国経済に
今しばらくはバブルがはじけることなく世界の経済を牽引してほしいものです。

--------------------------------------------

 投資信託協会が11日発表した8月の投信概況によると、同月末の公募株式投信の純資産総額は前月末比0.8%増の47兆7814億円と、7カ月連続で増加した。世界的な株高で個人投資家の投資意欲が高まり、販売が好調だった。

  また、公社債投信やマネー・マネジメント・ファンド(MMF)を含めた公募投信全体の残高も、1.1%増の59兆4054億円と、7カ月連続のプラスとなった。

  同月は、円高が進んだものの世界各国の主要株価指数の上昇で、運用は安定。海外株式を運用対象とする国際株式型や、複数の投信を組み入れたファンドオブファンズ型が引き続き人気を集め、株式投信の販売額は1兆7213億円と高水準を維持した。同協会では「リーマン・ショックで打撃を受けたが、1年が経過して投資家も落ち着いてきた」とみている。

(時事通信 - ‎2009年9月13日)
--------------------------------------------

PASMO(パスモ)オーチトャージは小田急ポイントカードですると乗車ポイントもつきます。
スルガ銀行キャッシングのリザーブドプランは金利が7%〜となっています。


2009年08月26日(Wed)▲ページの先頭へ
HSBC投信がHSBCインド・インフラ株式オープンを設定へ
HSBC投信がHSBCインド・インフラ株式オープンを
10月1日に新規設定するようです。

主にインドの証券取引所に上場している
インフラ関連株式に投資するマザーファンドに投資する投資信託だそうですので、
インドの証券取引所に上場していない企業は
投資の対象とはならない可能性も高いですので、
どのような企業へ投資するのかを見極める必要もありそうですね。

インドはおそらく経済発展は続いていくでしょうし、
経済発展に伴ってインフラ整備もされていくでしょうから
その可能性に期待して保有しておきたいという気持ちもわきます。

しかし、そのインフラ整備を担当するのが、
インド証券取引所に上場していない外国企業などである場合、
その企業は投資対象にはならないということもありえるわけですよね。

例えば、日本や中国の企業が道路建設を請け負ったとして、
その企業がインド証券取引所に上場していなければ
投資対象とはならないわけですよね。

インド経済は間違いなくこれから伸びる、
だからインドインフラ投信だと安易に投資できないですよね。

----------------------------------------------------

HSBC投信は「HSBCインド・インフラ株式オープン」を10月1日に設定する。

 主にインドの証券取引所に上場しているインフラ関連株式に投資するマザーファンドに投資し、信託財産の中長期的な成長を目指すもの。Halbisキャピタル・マネジメント(ホンコン)リミテッドにマザーファンドの運用指図に関する権限を委託。実質組入外貨資産については為替ヘッジはしない。決算は年1回。

(ロイター - ‎2009年8月26日)
-----------------------------------------------------

イオンコスモETCカードでときめきポイントをゲットしてWAONへチャージ。

エネオスETCカードはロードサービスも無料付帯でガソリン割引もあります。


2009年08月18日(Tue)▲ページの先頭へ
7月末私募投信残高、+2.9%に
7月末時点での私募投資信託資産残高が前月比で+2.9%になったようですね。
6ヶ月連続で前月比で増加が続いていますから、
景気は回復傾向にあるといってもいいのかもしれないですね。

でも、この景気回復も、
まだどこか不安を残しつつの状態ですし、
本格的な回復トレンドへ入ったとはあまり感じませんよね。

雇用の状況もまだあまり良くないようですし、
株価も1万円を超えたとはいえその勢いはあまり感じられませんし。

米国とヨーロッパの景気回復も
まだまだのようですし、
この経済状況への不安はまだまだ続きそうではありますよね。

---------------------------------------

投資信託協会によると、7月末の私募投信純資産残高は前月比2.9%増の28兆6416億円となった。6カ月連続の増加。

 残高の内訳は、株式投信が前月比3.0%増の28兆0085億円、公社債投信が同0.4%増の6330億円。

 私募投信は、少数の投資家に限定して資金を集めて運用する商品で、少人数私募やプロ私募(適格機関投資家対象)がある。機関投資家をはじめ少数の投資家の運用ニーズに合致した商品設計が可能なため、運用難に苦しむ中小の金融機関が活用しているほか、ファンド・オブ・ファンズなどの投資先としても使われている。

(ロイター - ‎2009年8月13日‎)
-------------------------------------------

みんなのFXはポンドスプレッドも固定の2.3銭となっています。
オリコの年会費無料ETCカードはポイント付与率が高くてお得です


2009年08月12日(Wed)▲ページの先頭へ
東証に貴金属ETFが上場されるのですね
東京証券取引所へ貴金属ETFが新たに上場されるようですね。

現在でも既に金ETFは東証と大証に上場されていますが、
今回の貴金属ETFは金のほかに銀、白金、パラジウムがあり、
さらにこれらの貴金属をバスケットにしたETFもあります。

米国の経済と共にドルへの信用が低下しつつあるようですので
何かで資産を守ろうとする場合の選択肢として
金などの貴金属があるのではないでしょうか。

もしドルが崩壊でもしたら、
世界の株式も間違いなく下落するでしょうし、
その場合金などの貴金属で資産を持っておくと
自分の資産を守れるのかもしれないですね。

----------------------------------------

 東京証券取引所は11日、金など貴金属の価格に連動する上場投資信託(ETF)5本の上場を承認したと発表した。24日に上場する。英大手運用会社ETFセキュリティーズが管理。日本初の非課税ETFで、低コストで取引できるのが特長だ。

 株式に比べ貴金属価格は金融危機後も底堅く推移しており、資産運用の多様化手段として注目を集めそうだ。

 東証に上場するのは、金、銀、白金、パラジウムなどの価格に連動する5種類の円建てETF。金以外の貴金属に投資するETFは国内初で、東証に上場するETFは67銘柄に増える。これらETFへの投資は貴金属の地金で担保されるが、地金への交換はできない。

(時事通信 - ‎2009年8月12日)
---------------------------------------

出光ガソリン割引のNTTグループカードはETCカードも年会費永年無料
無料買い物カゴでネットショップを開店するにはFC2カートで


2009年08月04日(Tue)▲ページの先頭へ
大証のWTI原油連動ETF、初日取引は好調
昨日、大証へ上場されたWTI原油連動ETFですが、
初日の取引額は2億4100万円と好調だったようですね。

資産運用の基本として分散化が大切だといわれていますが、
分散化の一つの投資先として商品や原油などを
考えてみるのも良いのかもしれないですね。

最近は、原油価格も上昇傾向のようですし、
さらなる上昇を予想するのでしたら投資するには良いかもです。

でも、原油先物へは投機マネーも勢いよく向かっているようですので、
安易に投資をしたら痛い目に合いかねないという危惧もまたありますよね。

余剰な資金がある方は、
ちょっとギャンブル的な投資になるのかもしれないけれど、
という考え方である種遊びとしての投資もできるのでしょうが、
今の私は興味があるけれどちょっと無理というのが現状です。

----------------------------------------------

 大阪証券取引所は3日、ニューヨーク原油(WTI)先物に連動するETF(上場投資信託)、「WTI原油価格連動型ETF」を上場した。6300円で初値がつき、6310〜6360円のレンジで推移、6310円で取引を終えた。売買代金は2億4100万円、売買高は3万8141口(立会外を除く)だった。

 原油先物相場に連動するETFは国内初。大証の山沢光太郎取締役は都内で行われた記念式典で、「初日の取引は順調で、満足な内容だった。この商品は最も進化した『第三世代のETF』だ。今後も大証は、投資家のニーズに沿った(商品指数などの)さまざまなETFを上場したい」と抱負を述べた。

(時事通信 - ‎6 時間前‎)
---------------------------------------------

[PR]
インデックス・ノーロード投資信託の積立で安心運用
外国人も可能なキャッシングは三菱東京UFJ銀行カードローンです


2009年07月28日(Tue)▲ページの先頭へ
エイチ・エス証券もCFD取引提供へ
FXに続いて個人投資家向け金融サービスとして
以前から注目をされているCFDですが
なかなかブームというほどにはならないようですね。

しかしながら、今年に入ってから個人向けにCFD取引の
口座開設サービスを提供する業者が増えてきています。

エイチ・エス証券もエフエックス・オンライン・ジャパンの
取引媒介業者としてCFD取引のための口座開設サービスの提供を開始するようです。

原油や貴金属などの取引をCFDで行いたいと思っている方は
CFDをやってみるのも良いかもしれませんね。

私はFXをやってみたのですが、どうも私の性格とは合わないみたいです(^^;

------------------------------------------

エイチ・エス証券は27日、新金融商品CFD取引として「海外投資オンライン」のサービスを開始した。同サービスは、CFD取引に関するブラウザベースのオンライントレードサービスで、同社がエフエックス・オンライン・ジャパンの取引媒介業者として提供する。同サービスの利用により、海外の株価指数や金・原油などへの投資が、日本語の取引画面を用いて、24時間行える。

取扱銘柄(予定)は表の通り。また、レバレッジ等詳細についてはこちらで確認できる。なお、取引にはエフエックス・オンライン・ジャパンのCFD取引口座を開設する必要があるとのこと。口座開設の申し込みはこちらから行える。

(マイコミジャーナル - ‎2009年7月27日)
------------------------------------------

ANAマイラーは東京メトロToMeカードでPASMO(パスモ)オートチャージするとマイルがたまりやすいです
節約指向の人は年会費無料ETCカードを選びましょう


2009年07月17日(Fri)▲ページの先頭へ
韓国でもFXのレバレッジ規制に
韓国でも日本と同様に、
FX取引においてのレバレッジ上限規制を
今後取り入れていくようです。

韓国でのFX取引のレバレッジは
現在最大50倍までとなっているのが、
今後は20倍に引き下げられるようです。

韓国では今年の1月から5月に
FX取引を行う個人投資家が455億ウォンの損失をしたらしく、
個人投資家の投機的取引の抑制が目的とのことですが、
日本がレバレッジ規制を行うのとほとんど同じ理由となっています。

日本がレバレッジ規制に動いたのを見て
韓国も規制に動き出したのかもしれませんね。

--------------------------------------------

 韓国金融監督委員会(FSC)は16日、外国為替証拠金(FX)取引において、投資家が預けた資金の何倍で売買が可能かを示す証拠金倍率を大幅に引き下げる方針を明らかにした。投機的な取引を抑制するための措置という。

 FSCは、投資家が業者に預託する証拠金を9月以降、取引総額の5%とし、現行の2%から引き上げる。これにより、証拠金倍率は最大50倍から20倍に低下する。

 1─5月の韓国のFX取引金額は357兆7000億ウォン(2815億ドル)。2008年通年は418兆8000億ウォン、07年は55兆9000億ウォンだった。

 99%を個人投資家が占めるFX取引の参加者は、1─5月に455億ウォンの損失を被った。

(ロイター - ‎2009年7月15日‎)
---------------------------------------------

イオンのコスモ石油カードは年会費無料 ETCカードも無料です
ネクスコ(NEXCO)中日本ETCカードはポイントを高速料金として使えます


2009年07月07日(Tue)▲ページの先頭へ
三菱グループに投資するETFが上場予定
三菱UFJ投信が三菱グループの株式に投資する
ETFを東証へ上場する予定だそうです。

上場は7月中旬になるとのこと。

三菱グループの業務成績が今後上昇すると予想される方は
このETFを購入してみるのも良いかもしれないですね。

最低売買金額は1万円ということですから
多くの資金を用意しなくても購入できそうです。

--------------------------------------

三菱UFJ投信は7月中旬に、三菱グループ企業の株式で運用する上場投資信託(ETF)を東京証券取引所に上場する。投資対象は東京海上ホールディングスや三菱重工業など、三菱グループの企業26社。特定の企業群に投資するETFは世界でも珍しい。

 「S&P三菱系企業群上場投信」の信託報酬は、0.5%程度と一般の投資信託よりも低く設定。最低売買金額は1万円程度で、個人投資家が買いやすいように小口化した。このETFが連動する指数は、米スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が提供する。

(日本経済新聞 - ‎2009年6月28日‎)
--------------------------------------

業界最小スプレッド0銭の7FXでFX取引を
フリーターとクレジットカード発行について


2009年06月23日(Tue)▲ページの先頭へ
東証、海外ETFを作りやすくなるそうです
今年の夏から東証に海外ETFを作って上場する場合、
運用会社が海外ETFを作りやすい環境になるそうです。

このことによって、海外ETFが組成しやすくなり、
結果海外ETFの上場本数が増えるのではないかということです。

ということは、個人投資家に取っても投資したい
ETFの選択肢が増えるので、うれしいことではありますよね。

ETFは投資信託より売買の自由度か高く、
しかも手数料が投資信託よりも安価だということで
個人投資家への普及を進めているようですが
いま一つ市場規模が拡大しないようです。

---------------------------------------------

 ETF(上場投資信託)市場が今夏から様変わりする。これまでETFを組成する場合、機関投資家などが拠出する金融商品は株や商品など「現物」しか認められなかったが、「現金」での拠出も認められる。国内の金融機関でも、海外の株価指数などに連動する「海外ETF」を比較的簡単に組成できるようになり、東証や金融機関も伸び悩むETF市場の底上げにつながると期待している。

 ETFは、取引所に上場している投信で、東証1部全銘柄の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)をはじめとする株価指数や金などに連動するように運用されている。東証には、現在61銘柄が上場している。

(フジサンケイ ビジネスアイ - ‎2009年6月23日)
----------------------------------------------

NEXCOネクスコ中日本ETCカードはポイントを高速代に使えます
アットローン(三井住友銀行系キャッシング)は5秒審査


2009年06月16日(Tue)▲ページの先頭へ
株価回復で投信販売も好転か
インドや中国などが株価を回復しつつあり、
日本株も今日は1万円を割ったようですが
1万円前後まで回復してきましたよね。

日本株に関しては一時は7000円ほどでしたから
4割強のもの値上がりをしたということになります。

このような、世界的な株価の回復を受けて
個人投資家のお金も株式や投資信託へと戻りつつあるようで、
各金融機関は投資信託の販売へ再度力を入れているようです。

そろそろボーナスシーズンでもありますし、
銀行などは投資信託の販売に絶好のタイミングと考えているのでは。

------------------------------------------

大手銀行が個人向け投資信託販売のテコ入れに本腰を入れている。新たな収益の柱と期待されながら金融危機の影響で販売が急減したものの、低迷を続けた株価に回復基調の兆しが見えはじめてきた。大手都銀幹部は「窓口への投信に関する相談も増えている」と潮目の変化に期待を寄せる。金融危機で損失をかぶった投資家の警戒感は続いており、各行は「安心・安定」を求める個人投資家のニーズにこたえようと懸命だ。

 三菱東京UFJ銀行は8日から、日本の株式と債券の配分比率を高めに設定した「FPバランスファンド」の運用を開始した。資産価値の保全に重点を置いた「安定型」と、安定型よりもリスクをとって利回りを高くした「安定成長型」の2種類を用意。このうち「安定型」は、為替変動のリスクを軽減するため、円資産の比率を42%(募集発表時)に高めた。インフレや想定外の事態への「保険」として、国際商品で安定性の高い「金」の比率も高めに設定している。

(MSN産経ニュース - ‎2009年6月13日‎)
--------------------------------------------

バランス型投資信託ならセゾン投信で積立を
出光カードまいどプラスのETCカード(年会費無料)


2009年05月27日(Wed)▲ページの先頭へ
CFDはブレークするのかな
ここ数ヶ月の間にCFDのサービスを
開始する業者が増えたような気がします。

CFDは1年ほど前から株のFX版ということで
注目されつつあったのですが
昨年の金融不安発生でその注目度も落ちた感がありましたが
昨今の経済回復の兆しをとらえて
CFDサービスを開始する業者さんが増えているのでは。

昨日の日本経済新聞にもCFD広告が
見開き全面で出ていましたよね。

CFDは株だけではなく商品先物など
取扱金融商品も多いですから
関心がある方はCFDについて調べてみると良いのでは。

----------------------------------

ドットコモディティ株式会社(本社:東京渋谷区・代表取締役社長 舟田仁)では、5月18日(月)より「CFD取引」の新規口座開設キャンペーンを実施します。

「CFD」とはContract For Differenceの略語であり、実際に投資対象の資産を保有することなく、取引が終了した時に売買した価格の差額(差益・差損)だけをやり取りして終了する取引のことです。
ドットコモディティのCFDは「金」や「原油」など28銘柄の海外商品を投資対象にCFD取引を行うことができます。

ドットコモディティCFDの特徴
・24時間取引(一部銘柄はほぼ24時間取引が可能です。)
・レバレッジ取引(証拠金に対して10倍の金額での投資を行えるレバレッジ取引です。)
・サヤ取引(裁定取引)/ヘッジ取引
国内の商品先物市場の商品と、海外先物市場を対象としたCFDで両商品のサヤ取引(裁定取引)を試みることも可能です。また、国内先物市場が開いていない時間帯にもCFDは取引ができますので、国内商品のヘッジ取引も可能。

(News2u.net (プレスリリース) - ‎2009年5月17日‎)
--------------------------------------------------

PASMO・パスモのクレジットカード
ロードサービス付きのネクスコ(NEXCO)東日本ETCカード


2009年05月22日(Fri)▲ページの先頭へ
三菱UFJ投信がトビックス連動ETFを上場へ
三菱UFJ投信が東証株価指数(TOPIX)に連動する
ETFを東証へ上場したようですね。

大証や東証へは日経平均やTOPIXに連動する
ETFが既に何本が上場されていますので
ある意味後発のETFということになるのですが
昨年暮れから投資信託でもインデックス型が人気ですし
その流れをよんでのTOPIX連動ETFの上場なのではないでしょうか。

投資信託でインデックス型を購入している方で
より自由に売買ができて、手数料なども安価なことから
ETFの購入へと切り替えている人も増えているのではないでしょうか。

いずれにしろ、ETFの本数が増えることは
ユーザーとしてうれしいことではありますよね。

-----------------------------------------

三菱UFJ投信株式会社(取締役社長:後藤俊夫)は、「MAXISトピックス・コア30上場投信」、「MAXIS日経225上場投信」に続く、ETF第3弾「MAXISトピックス上場投信」を新規に設定することとなった。同ETFは、2009年4月28日(火)、東京証券取引所より上場承認を受け、当初設定日は2009年5月14日(木)、上場日は同年5月15日(金)を予定している。

東証株価指数(TOPIX)に採用されている銘柄(採用予定の銘柄を含む)の株式に投資を行い、信託財産の1口当たりの純資産額の変動率をTOPIXの変動率に一致させることを目的として運用を行うとのことで、設定時における指定参加者は、三菱UFJ証券株式会社、およびモルガンスタンレー証券株式会社をはじめとした12の証券会社となる見込みとなっている。

(証券パーク - ‎2009年5月20日‎)
-----------------------------------------

UCSカルワザカードで宇佐美石油ガソリンを割引で給油できます
国際送金・海外送金のための海外銀行口座開設の仕方


2009年05月05日(Tue)▲ページの先頭へ
ETFが人気のようですね
上場投資信託(ETF)が人気を集めていて
昨年2008年、株や投資信託への資金流入が伸び悩んでいた中、
ETFへは3690億円の資金流入超となったとのことです。

ETFは売買時の手数料も投資信託よりも安く、
さらに売買の自由度も投資信託より高いということから、
投資信託購入者の人たちもETFへと流れているようです。

昨年からETFの商品数も増えていますし、
指数に連動する投資信託を購入するなら
同じような商品のETFを選ぶ人も増えているのでは。

市場が拡大していることから、
新規上場のETFもこれから増えていくでしょうし、
同じような商品なら
投資信託よりETFをという流れは加速していくかもしれませんね。

------------------------------------------

 景気の先行きが見極めづらく、株式相場が方向感を欠く中、いつでも希望価格で売買でき、手数料も安い上場投資信託(ETF)が人気を集めている。2008年は、日経平均株価など一般的な株価指数に連動するETFを中心に50本が新規上場。今年は数の面では一巡感があるが、商品内容に工夫を凝らしたETFが増えそうな気配だ。

 投資信託協会のまとめによると、昨年のETFは3690億円の流入超となり、07年比で1000億円超増えた。ETFも含まれる公募株式投信の流入額は、株安や円高による購入手控えで10兆円以上減少しただけに、「運用成績が比較的安定している指数連動型への関心が高まっている」(日興アセットマネジメント)と言える。

 昨年6本のETFを作った日興アセットは28日、将来の成長が期待される環境関連事業を手掛ける企業の株価指数に連動するETFを他社に先駆けて上場。今後、債券関連のETFなど、投資家ニーズに合わせた品ぞろえを強化する。

(時事通信 - ‎2009年4月29日‎)
------------------------------------------

フォレックス・トレードのアプローズFX
バンクイック・カードローン 三菱東京UFJ銀行キャッシング


2009年04月29日(Wed)▲ページの先頭へ
TOPIX連動型のETF東証へ上場へ
三菱UFJ投信がTOPIX連動型のETFを
東京証券取引所へ上場するようですね。

東証に上場されているTOPIX連動型ETFは
既に3本ほどあるようですので
似たような商品が4つ存在するということになります。

投資信託でも日本株のインデックス型投資信託は
昨年末頃から人気の投信となっていましたから
その流れもETFへ影響しているのかもしれないですね。

日本株の指数に連動する金融商品に投資するのでしたら、
投資信託より売買の自由度や手数料などのコストが安い
ETFを購入する方が良いかもしれないですね。

昨今は中国株も好調に回復しているようですので
中国株のETFの購入も良いかとも思います。

----------------------------------------------

三菱UFJ投信は28日、東証株価指数(TOPIX).TOPXに連動する上場投資信託(ETF)「MAXIS トピックス上場投信」を5月14日に設定し、東京証券取引所に5月15日に上場させると発表した。

 同社としては、トピックス・コア30上場投信、日経225上場投信に続くETF第3弾。ただ、TOPIXに連動するETFは、大和証券投資信託委託と野村アセットマネジメントが2001年に、日興アセットマネジメントが2002年に東証に上場済みで、三菱UFJ投信は後発となる。このため、同社は「信託報酬を競合ファンドに比べ低く設定した」(広報担当者)という。

 三菱UFJ投信は昨年9月に「MAXIS(マクシス)」ブランドを使ってETFビジネスに参入した後、品揃えを拡大しつつある。ETFを巡っては、野村アセットが「NEXT FUNDS」ブランドで取り組みを強化しているほか、日興アセットや大和投信もラインアップの拡充を進めている。

(ロイター - ‎2009年4月28日‎)
---------------------------------------------

オリコカード ポイントをJALマイルへ交換するには
セディナ・ステアリングパスでETCカードを作ろう


2009年04月16日(Thu)▲ページの先頭へ
日経平均9000円台回復は本物?
日経平均が9000円台を一時回復したみたいですね。
でも、また、8800円台へ下がったみたいです。

先日も、一時9000円台になりましたが、
すぐにまた下がりましたよね。

9000円台に乗ると利益を確定するための売りが入るからなのでしょうか。

9000円台を維持できないということは
まだまだ日本の株価は本格的な回復基調にはなっていない
ということになるのでしょうね。

私は購入している投資信託の中に
日本株インデックス投信がありますので
日経平均が7000円台に購入した分にはいくらか利益がついているはずです。

私が購入しているのは
毎月積み立てるタイプの投資信託で
積立している一つに日経平均の指数に連動する
日本株インデックスファンドがあるのです。

積立できる日本株インデックス型投資信託
ETCカード 人気ランキング

午前の東京株式相場は大幅反発し、日経平均株価は一時3日ぶりに9000円台を回復した。米景気底打ち期待の再燃や国内半導体メーカーの再編観測から電機株が上昇、NECエレクトロニクスはストップ高買い気配となった。中国のGDPに対する期待もあり、ガラス・土石製品や鉄鋼など素材関連、海運株も高い。

(ブルームバーグ - ‎2009年4月16日)


   


toishin9100の自由文言1


新着トラックバック/コメント

toishin9100の自由文言2

カレンダ
2009年12月
   
   

アーカイブ
2008年 (1)
6月 (1)
2009年 (21)
4月 (2)
5月 (3)
6月 (2)
7月 (3)
8月 (4)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (1)
2010年 (27)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (2)
7月 (3)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (2)
12月 (3)
2011年 (26)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (2)
4月 (2)
5月 (2)
6月 (3)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (3)
12月 (2)
2012年 (18)
1月 (2)
2月 (2)
3月 (1)
4月 (2)
6月 (2)
7月 (2)
8月 (1)
9月 (2)
10月 (2)
11月 (1)
12月 (1)
2013年 (14)
1月 (1)
2月 (1)
3月 (1)
4月 (1)
5月 (1)
6月 (1)
7月 (2)
8月 (2)
9月 (1)
10月 (1)
11月 (1)
12月 (1)
2014年 (12)
1月 (1)
2月 (1)
3月 (1)
4月 (1)
5月 (2)
6月 (1)
8月 (2)
9月 (1)
11月 (1)
12月 (1)
2015年 (12)
1月 (1)
2月 (1)
3月 (1)
4月 (1)
5月 (1)
6月 (1)
7月 (1)
8月 (1)
9月 (1)
10月 (1)
11月 (1)
12月 (1)
2016年 (11)
1月 (1)
2月 (1)
3月 (1)
4月 (1)
5月 (1)
6月 (1)
7月 (1)
8月 (1)
9月 (1)
10月 (1)
11月 (1)
2017年 (4)
1月 (1)
3月 (1)
5月 (1)
7月 (1)

アクセスカウンタ
今日:42
昨日:51
累計:224,627